2013エコライフ・フェア mSe出展顛末記

はじめに
昨年に引き続き今回も環境省主催の2013エコライフ・フェアに企業出展しました。
昨年はとりあえず「参加することに意義がある」と考えて出展しました。
今年はmSeとは「太陽光発電、省エネを考えているこのような会社だ」という主張を持って望みました。
とは言え、仕事が意外とばたつき、開催3日前になってようやく準備に取り掛かかる始末。
それでも、前回よりは良かったと思います。写真で見比べてみましよう。
昨年2012エコライフ・フェア
企業ブース設置全景

細野環境大臣(当時)視察風景
ステージ前、展示パネル
 
今年2013エコライフ・フェア
企業ブース設置全景

石原環境大臣視察風景
ステージ前、展示パネル
 
展示物内容1
ソーラー防犯灯
今回は100Wのパネルを利用したMSSB-100を展示しました。
この製品の特徴は、大きな容量の100Wパネルを使っているので、照明を2箇所利用したり、防犯カメラに常時電気を供給したりすることが可能です。
又、災害等の緊急時には、パソコン、テレビ、携帯電話を接続することも可能です。(オプションのインバータが必要)
今回取り付けたカメラは、映像を無線で送り、最大200mはなれたところで受信できます。
オプション等が必要のない場合は、50Wのパネルを利用したMSSB-50がお得だと思います。
ちなみに、工場、学校等の駐輪場、駐車場、グランド等、一晩中点灯しなくてもよい場所については、20Wのパネルを利用したMSSB-20という機種もあります。

MSSB-100・・・15万円(ポール、金具、工事費含まず)
MSSB-50・・・12万円(ポール、金具、工事費含まず)
MSSB-20・・・10万円(ポール、金具、工事費含まず)
テント内では、ソーラー防犯灯の仕組みについて図示しました
 
 
展示物内容2
太陽光のエネルギーについて実感しよう
パネル展示

パネル展示の中の直流照明の良さを実感していただくため、
タッチパネルで交流と直流の違いを試してもらいました。
更に、太陽光エネルギーを実感してもらいました。
スプリンクラー、ファンを、太陽光だけで廻したり、LED照明を点灯しました。
又、手動でファンを廻し、太陽光の力を実感してもらいました。
 
展示物内容3
ソーラーを電源に利用しよう!
パネル展示で、5月から始めた事務所、工場、倉庫の屋根又倉庫の側面に思い切りパネルを張ってみました。
80Wパネルが72枚
100Wパネルが58枚
150Wパネルが532枚
190Wパネルが24枚
合計682枚

東電の関係で、連係は7月です。
電気自動車の太陽光充電設備も本格的に始動します。
mSeが施工した全量買取工事も10基以上になります。
更に3基、今期に施工を予定しています。
パネルは主に中国製を使っていますが、パワコン、その他電気機器は日本のメーカー製です。工事は千葉市中心に行っています。
会場では、100Wパネルを利用した「ソーラーパワーU」や、コンパクトに持ち運びの出来る「ソーラーパワーP」に興味を示す方が多かったです。
会場が代々木公園ということもあり、ベランダに置くとか、携帯用に利用したいとの表れだと思います。
更に安価な活効率の良い製品開発に取り組みます。
 
展示ブース風景